意外と知らない!家電リサイクル法とは?

家電リサイクル法ってどんなもの?

皆さん、家電リサイクル法はご存知でしょうか?
普段の生活の中で頻繁に聞くものではないため、一般家庭ではあまり馴染みのない言葉かもしれません。
日本では、家電製品などの廃棄物の減量や環境問題の観点から、家電のリサイクルを促進しています。
但し、この家電リサイクル法で対象になるリサイクルできる家電は限られており、現在は4つの製品となっています。
①冷蔵庫②乾燥機を含む洗濯機③テレビ④エアコン
この4つの製品は家電リサイクル法に基づいてリサイクルに出す事が義務付けられています。
買い替えの場合は販売店へ引き取りを依頼しましょう。
処分だけしたいという場合には、市区町村でも引き取りを行っています。
お住まいの市区町村へ問い合わせをしてみましょう。
引き取り価格は物によって異なりますが、1,000円弱~5,000円程度となっています。

リサイクルできない家電はどうする?

では、家電リサイクル法に該当しない家電製品の処分はどうすればいいのか。
掃除機や炊飯器、扇風機、ヒーターなどなど。
こちらはお住まいの市区町村で適切な処分方法を公開しています。
ホームページなどにも記載されていますので、スマホやパソコンからも情報を得る事ができます。
きちんとルールを守って処分しましょう。
不法投棄やルールを守らずに処分した場合、罰せられる可能性もありますので、くれぐれも注意しましょう。
小物家電は、不用品処分という形で引き取り、もしくはリサイクルショップで買い取りが可能なものもあります。 
不要な家電に、多少なりとも値が付く場合もありますので、リサイクルショップで買い取ってもらうという選択肢もお得ですね。